競合調査代行サービス「Yakutatsu」の調査事例です。口座振替サービスの収集代行会社の価格・サービス内容の調査を実施いたしました。

調査方法

主にGoogle検索と電話です。
検索回数が多い、3種類の特定キーワードの上位3社、計9社を調査しました。会社によっては、細かい料金を記載していないケースがありました。

調査項目

  • 初期導入費用・月額の利用料
  • 1件あたりの振替にかかる費用
  • 振替可能日
  • 新規口座振替先の登録費用
  • 口座振替用紙の電子化状況

口座振替サービスとは?

お客様(集金先・消費者)から回収する代金を、金融機関から口座振替により集金代行を行うサービスです。毎月の月謝や塾の料金等を銀行口座から引き落とすには、収集代行サービスを使う必要があります。

口座振替サービスの費用

価格差が出るのは、初期費用・月額の利用料・振替手数料です。サービス内容の違いというのもあまり感じませんでした。振替可能日の数で差別化をしている会社もありました。初期費用でいうと、10万の所もあれば、1万の所もありました。手続きが面倒くさいという印象があるので
、顧客が別のサービスに変更するスイッチングコストが高いなと感じました。そういう意味で言うと、広告費をかけて一度に顧客を大量獲得する手法が有効なのかなと思いました。

おわりに

口座振替サービスの収集代行会社の価格・サービス内容の調査をしました。渋谷区のWeb制作会社「コミュニチャー」では、様々な競合調査の依頼が可能です。自分でもできるけど、安価に代行した方が費用の削減になるという方におすすめのサービスです。オンライン・オフラインの両輪でお客様の事業をサポートします。お気軽にお問い合わせ頂ければ幸いです。最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。本記事を読んで、少しでも役に立つと思いましたら、「はてブ」「twitter」「facebook」のボタンを押していただけますと励みになります!

Webサイト制作実績一覧

Webサイトやその他の実績一覧はこちらからご確認いただけます。

この記事を書いた人

宮内達也
宮内達也代表取締役
株式会社コミュニチャー 代表取締役
0歳〜10歳までの子どもを持つお父さん・お母さんを対象とした事業を
行う企業様をサポート。
・サイト制作・Webマーケティング〜オフラインのエリアマーケティング
・All About インターネットガイド「Google Chromeの使い方」執筆中